アイユーエステートTOP > アイユーエステート株式会社のブログ記事一覧 > 不動産を売るタイミングと意外な需要

不動産を売るタイミングと意外な需要

≪ 前へ|分かりにくい境界線と空き家問題   記事一覧   土地の売却は古家付きの方が良いのか更地の方が良いのか|次へ ≫
カテゴリ:売買
マンションや土地、戸建てなどといった不動産を売るとき、結構大切になってくるのがタイミングです。
タイミングの良し悪しが売却価格に大きな影響を与える可能性が大です。
では、そのタイミングというのはどのように見極めればよいのでしょうか?
まずはタイミングの見極めに関する三点を書いていきます!



不動産相場の動きからタイミングを計る


一番良いのは相場が安い時に買って、高い時に売ることです。
しかし、その不動産市場を見極めるのはプロであっても困難です。

何故なら不動産の相場というものは他とは異なり、細かい上下動を繰り返しながら次第に大きな波を形成するものだからです。

プロでもすべてを見極めるのは難しいですが、「今売れば、買った時より高く売れるか、安くしか売れないか」というのはある程度判断がつくと思います。
もし"買った時より高く売却できる"状態であれば、それは”良い売却のタイミング”となります。

値段はとても気になると思いますが、買ったときよりもマイナスになるよりかは少しでもプラスになる時が「売り時」であると思います。


季節の違いも売れ方に関係する


最も売れやすい時期は、年度末の1~3月のシーズンです!

不動産売却のタイミングを見極める一つの目安として、季節による売りやすさの違いに着目する必要があります。
日本では年度始まりが4月なので、新学期や新生活が始まる4月までに引っ越しを検討する人が多いのが非常に多い点がその理由です。

つまり、新年度が始まる少し前の1月~3月に住宅を買う人が多いので、この時期が一番売却しやすいタイミングだといえます。

規模は小さくなりますが、秋の「異動シーズン」にもよく見られます。

こちらの時期も忘れずに押さえておきたいです☆



買い替えのタイミングに合わせて売却をする


例えば、まだ完成していない新築マンションに買い替える場合や、土地を購入して家を建てる場合は、建物の完成時期に合わせて売却することで、仮住まいの為の家を借りることや二重ローン等の金銭的負担を軽減することができます。

以上のように、売却するタイミングによって売れ行きというのは大きく変わってきますし、自分の生活のことも含めるとご自身の判断がとても大切になってきます。
勿論、専門的な範囲は我々がお助けすることができますので、まずはご相談だけでもどうぞ♪


しかし、以上の点を踏まえても、なかなか売れない…というケースも少なくはありません。
特に、持っているだけで「固定資産税」がかかってくる土地が売れないと、とても困ってしまいますよね。
なので、ここからは土地に焦点を置いて見ていきましょう。

土地売却の平均的な期間


一般的に、土地売却までの平均的な期間は三か月強と言われています。
これは「売りに出してから売買契約が締結するまで」の期間を示します。

なので、売り出して一か月間程でしたらしばらくは様子を見て良いと思います!

しかし、売り出しから三か月程経っても全く反応がなかったり、連絡がない場合は、価格の見直しや不動産会社の見直しをした方が良いかもしれません。
こういった対策が後の早期売却につながります!



土地が売れない理由


状況が悪い

・道路に接していない
・狭すぎる
・形状が悪い
・敷地内に段差がある 等

このような状況が悪い土地は、相場通りの値段では売れにくい傾向にあるので、設定価格を少し下げたほうが良いかもしれません。

境界が確定していない場合

以前も書きましたが、境界が確定していないというのは隣地所有者の方とのトラブルが起こるリスクがある、ということです。
この手のトラブルは裁判沙汰になることが多く、買主からすると一定のリスクがあるので購入希望者が激減してしまいます。
また、境界を確定するためには、隣地所有者の方からの同意と、隣接している公道の所有者である役者の方からの同意が必要になってくるため、一定の期間を要することになります。
大体三か月以上かかり、費用も50万~100万ほどかかります。
なので、境界が確定していない土地の仲介は断る不動産会社さんも多いです。

予め、境界を確定しておくに越したことはありません。

土壌汚染の可能性がある場合

土壌汚染とは過去の土地の利用方法によって、そのリスクの有無が変わってきます。
例えば、過去の土地が工場、ガソリンスタンド、クリーニング店等であった場合は注意が必要です。
その手の建物の跡地であれば、土壌汚染の可能性が高いからです。
もし、土壌汚染の可能性が少しでもある場合は、土壌汚染調査を行うことをお勧めします!
この行為を挟むだけで、売れやすさが変わってきますので未確認であれば確認してみてください♪

価格が高すぎる場合

一番単純な理由ですが、土地の価格は需要と供給によって決まるため、需要が少ない場所であれば需要に合わせるために価格を下げる必要があります。

土地が売れないときの対処法


隣地に打診する
売れない土地は周辺の商売をしている方々からは、駐車場用の土地を求めている等で一定の需要があります。
なので、打診の価値は十分あります。

媒介契約を見直す
一般媒介契約や専任媒介契約、又は専属専任媒介契約では不動産会社の動きも変わってくるので、一度切り替えを検討してみる価値はあります。

値下げをする
単純で簡単ですが、やはり値下げの情報があるとお客様の目を惹きます。

空き家バンクに登録をする
自治体の不動産サイトなので、そこに土地の情報を掲載しておけば、購入意欲の高い人の目に留まる可能性が高くなります。

自治体に売却する

買取を検討する
希望よりも価格は安くなってしまいますが、買取査定によって不動産会社が直接購入するので、早く売却することができます。

買取査定は勿論、アイユーエステート株式会社でも行っております!
なので、是非一度ご検討してみてください!

また、新型コロナウイルスの影響もあり、近年、土地の意外な人気が伸びてきています。
その意外な人気というのが、田舎の土地です。
田舎の土地というとやはり売れにくいものでしたが、この一年でキャンプブームが到来しました。
テレビでもよくキャンプ用品を紹介するコーナーが組まれているのを目にしますよね。
そんなキャンプブームを背景として、今、土地活用や地方創生の新たな選択肢の一つとしてキャンプ場用地の購入ニーズが増加傾向にあります!

2018年頃から田舎の土地を購入して、キャンプ場を経営する人が年々増加しています。
毎年毎年、倍になるほど増加しているとの統計も出ていることから、その人気が計り知れないものであることが伺えます。
購入ニーズへの年間回答数が毎年毎年明らかに倍になっていることからも、田舎の土地を購入してキャンプ場の経営を始める人は少なからず増えている事がわかります。



2020年度購入者の予算


用地購入の予算も年々増加傾向にあります。
2020年度は土地のご購入予算を1000万円以上とする方が計97件と全体の38.4%を占める結果となりました。
更に一億円超えの予算を検討する方も前年度は2人だったのに対して、2020年度では11名と5.5倍に増えているので、今や、田舎のもう使っていない土地は思っているよりもずっと高値で売り買いされている場合も多いのです。

2020年度地域別主要購入ニーズ


購入ニーズが最も高いのは断トツで関東圏です。
続いて、甲信越、東海、近畿と三大都市圏に近い地域のニーズがかなり高いです。
全国の県別で集計した場合でも関東圏がやはり一番多く、続いて、山梨県・静岡県が多いです。

キャンプ場への運用をする際にどのような土地を選びたいかを購入を考えているお客様に聞いてみたところ、やはり「景色の良い土地」「自然を体感できる」という声が多かったですが……

「都心から二時間」というのを一つの目安にしている方も非常に多いようです。

自然を求める声が多いとはいえ、やはり、都心から離れすぎるのは良くないみたいですね。


このように、不動産の需要というのは先が読めません。
冒頭でも述べた通り、市場を読むのはプロでも難しい作業なので、安易にはできません。
なので、売却をお考えの方は一度、アイユーエステート株式会社へご相談ください♪
お客様とお話を重ねて一番納得のいく形でご売却ができるように頑張らせていただきます!

≪ 前へ|分かりにくい境界線と空き家問題   記事一覧   土地の売却は古家付きの方が良いのか更地の方が良いのか|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約