アイユーエステートTOP > アイユーエステート株式会社のブログ記事一覧 > 中古マンションの購入にベストな築年数は??

中古マンションの購入にベストな築年数は??

≪ 前へ|【川西市東久代】住みやすさを観点別にご紹介!   記事一覧   中古戸建のベランダのリフォームについてご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウ

住まいを購入する上で、中古マンションを選ばれる方も大変多いと思われます。

 

中古マンションは新築マンションに比べると築年数が経っているため、価値が下がっているのですが、リノベーションされている物も多く、住む上ではあまり困りません。

 

今回は中古マンションの購入を検討されている方へ向けて、中古マンションの購入にベストな築年数についてご紹介していきます!

 

ぜひご参考にしてみてくださいね。


中古マンションの購入

 

中古マンションの購入にベストな築年数は何年なの?


「中古マンションの購入にベストな築年数は何年か」と、気になる方は多いですよね。

 

必ずこの築年数が良い!というケースは残念ながらありませんが、マンションの価値に関してのお話をしましょう。

 

当たり前のことですが、建物の価値は古ければ古いほど下がりますし、設備もリノベーションされていない限りは古いままです。

 

もしあなたが若い人なのであれば、多少値段があがっても築年数が浅い、価値の高い物件を購入するのがセオリーになりますし、年配の方ならば築年数が古い物件でもそこまで問題はないでしょう。

 

築年数の古い中古マンションでも、リノベーションをすると快適に過ごすことができるようになりますよ。

 

中古マンションはある程度築年数の経った リノベーション物件を狙おう


特にこだわりが無ければ、ある程度古めの中古マンションで、内装がしっかりとリノベーションされたものを狙うと良いと思います。

 

先述しましたが、古いマンションでも普段暮らす上では困りませんので、内装がきちんとリノベーションされていれば、問題はないでしょう。

 

長期的に考えると物件を手に入れる際には、築年数と同時に立地がとても重要になってきます。

 

自分自身がずっと住まわれる場合には、立地が多少悪くても簡単には手放さないと思うので良いのですが、買い替えをされたい方や投資目的の場合などは、立地が最重要という点が中古マンションのポイントです。

 

まとめ


いかがでしたか?

 

今回は中古マンションの購入にベストな築年数について、ご紹介しました。

 

中古マンションと一括りにしても、築年数の浅い物件や築年数の経った物件など、いろいろとあります。

 

築年数が浅い物件だと内装や設備はきれいなままですし、築年数の経った物件でもリノベーションをすることによって、内装・設備ともに、きれいな状態へすることができます。

 

ご自分に合った中古マンションのタイプはどちらなのかを考えて、中古マンションを購入してくださいね!

 

私たちアイユーエステート株式会社では、兵庫県川西市を中心に中古マンションを豊富に取り揃えております。

 

中古マンションの購入をご検討されている方はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|【川西市東久代】住みやすさを観点別にご紹介!   記事一覧   中古戸建のベランダのリフォームについてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約