アイユーエステートTOP > アイユーエステート株式会社のブログ記事一覧 > 中古マンション購入時の仲介手数料が割引や無料になるケース

中古マンション購入時の仲介手数料が割引や無料になるケース

≪ 前へ|【川西市丸山台】住みやすさを観点別にご紹介!   記事一覧   【伊丹市西野】住みやすさを観点別にご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウ

中古マンションを購入する際に掛かるのは物件の購入価格だけではありません。

 

登録免許税や固定資産税など色々ある出費の中でも、平均的に大きなウェイトを占めることになるのが仲介手数料です。

 

仲介手数料の仕組みや、どのようなタイミングでいくら支払わなくてはいけないのか、また無料や割引になるケースについてなどをご説明いたします。


中古マンション購入時の仲介手数料

 

中古マンション購入時の仲介手数料:料金計算方法


仲介手数料とは、動産会社が不動産の売買を成立させた際に受け取る報酬で、不動産会社の儲けとなるものです。

 

金額の上限は宅地建物取引業法という法律により、売買価格の内の200万円が5%、200~400万円が4%400万円以上が3%と定められています。

 

少しややこしい計算になるのですが、1,000万円の場合200万円×5%200~400万円)×4%、残りの600万円×3%と計算します。

 

つまり200万円×5%+200万円×4%+600万円×3%で合計36万円+消費税になります。

 

中古マンション購入時の仲介手数料:支払い時期や方法


仲介手数料の支払いは契約成立時に半分、引渡時に残り半分を支払う場合と、全額を引渡時に支払う場合があります。

 

支払い方法は不動産会社によって変わりますが、現金以外での支払いを受け付けていることも多く、振り込みは勿論クレジットカードや分割払いが可能なケースもあります。

 

多額の現金を持ち歩くのは不安ですので、事前に別の支払い方法を確認するといいでしょう。

 

また契約成立時に料金を支払った後、ローンの審査で落ちてしまい契約解消せざるを得なくなった場合などに金額が返金されるかも確認しておきましょう。

 

仲介手数料には物件の広告宣伝、物件の紹介、契約手続きのフォローまでが含まれています。

 

売買契約における業務の費用がこれでカバーされるため、基本的にこれ以外に別途費用を請求されることはありません。

 

中古マンション購入時の仲介手数料:割引や無料になる場合


仲介手数料の上限は決められていますが、必ずしも上限いっぱい支払う必要があるわけではありません。

 

例えば中古マンションの売主が依頼している不動産会社と、それを購入する買主側の不動産会社が別の場合、それぞれが一方からしか報酬を受け取ることができません。

 

しかし売主と買主の不動産会社が同一の場合、不動産会社は両方から仲介手数料をもらうことができるようになります。

 

このような場合には買主側の仲介手数料を割引いたり、無料にしてくれるケースもあります。

 

また不動産会社が所持している中古マンションを購入する場合も、仲介手数料が不要となるケースもあります。

 

まとめ


中古マンションの購入を検討する際には、ついつい物件の価格のみに注目してしまいがちですが、不動産の購入には思いがけないほどの諸費用がかかります。

 

その中でも大半を占めるのが、不動産会社に支払う仲介手数料です。

 

仲介手数料は交渉の余地があるケースもあり、なかには半額の物件も存在します。

 

仲介手数料やその他の諸費用がかかることを念頭に、ぜひ納得のいく不動産を購入してくださいね。

 

私たちアイユーエステート株式会社では、仲介手数料半額の中古マンションもご紹介しております。

 

マイホーム購入に関するご不明点は、お気軽に当社までお問い合わせください

≪ 前へ|【川西市丸山台】住みやすさを観点別にご紹介!   記事一覧   【伊丹市西野】住みやすさを観点別にご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約