アイユーエステートTOP > アイユーエステート株式会社のブログ記事一覧 > 転勤の可能性はあるけどマイホームが欲しい!住宅購入のコツは?

転勤の可能性はあるけどマイホームが欲しい!住宅購入のコツは?

≪ 前へ|【川西市東畦野山手】住みやすさを観点別にご紹介!   記事一覧   なぜおすすめなのか 中古マンションのメリットや注意点は?|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウ
一家の主に転勤の可能性があると、マイホームを購入するかどうか悩むところです。

 

また、住宅を購入する場合、戸建てとマンションのどちらが良いのかも迷いますよね。

 

今回は、転勤族でもマイホームが欲しいという方に向けて、マイホームの選び方、またすでにマイホームをお持ちの方で転勤が決まった場合の対処法もあわせてご紹介します。


転勤が決まって家を売る人


転勤族がマイホームを持つならマンションと戸建てどちら?


まずは、マンションと戸建てを購入した際のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

 

1. マンションを購入した場合

 

・メリット

 

立地が良ければ1015年経っても資産価値は下がらず、売るにしても貸すにしても不利益になることが少なく、駅から徒歩5分以内の物件であれば借り手が見つかりやすく、空室になる不安が少ないことが挙げられます。

 

・デメリット

 

所有している限り、管理費や修繕積立金、駐車場代といったランニングコストが永久的に発生します。

 

修繕積立金は子どもが成長するにつれて手狭になるため、入居者が安定せず回収することが難しいこともあります。

 

2. 戸建てを購入した場合

 

・メリット

 

集団住宅が苦手な人、隣接住戸との騒音問題に悩みたくない人に向いています。

 

自由な設計のできる注文住宅を建てたい人や、建物面積の広い家に住みたい人にとって快適な暮らしができます。

 

・デメリット

 

住宅地は駅から距離のある場合が多く、戸建ての手入れの大変さを敬遠する人もいるため、マンションに比べて貸しにくく売りにくい傾向にあります。

 

すぐに借り手が見つからない場合は、転勤先での家賃と住宅ローンを二重に払わねばならず金銭面の不安が大きくなってしまいます。

 

このように、マンションと戸建てどちらにもメリット、デメリットはあります。

 

いずれにしてもリスクを減らすためには「立地が良く資産価値の高い物件」がポイントだと言えます。


マイホームを買ったのに転勤が決まった場合の対処法


すでにマイホームをお持ちの方で転勤が決まった場合は、次の3つの対処法が考えられます。

 

1. 自宅を賃貸に出す

2. 自宅を売却する

3. 単身赴任をする

 

子どもが小さい場合など単身赴任をしたくないとなると、人に貸すか売ってしまうという選択肢になります。

 

自宅を賃貸に出すにあたりすぐに借り手が見つかりそうにない場合は、仲介会社の空室保証を利用するのも一つの手です。


まとめ


転勤族の方向けの戸建て・マンション購入におけるメリットやデメリット、すでにマイホームをお持ちの方で転勤が決まった場合の対処法についてご紹介しましたがいかがでしたか?

 

どのような家に住みたいか、いざ転勤が決まったら家族全員で移動するのか単身赴任をするのか、住宅へのこだわりは人によってさまざまです。

 

将来を見据え、どのような方法でマイホームを持つのが自分たちの暮らしに適しているのかを、家族全員で検討する必要があります。

 

こだわりに優先順位をつけ、よりリスクの少ない住宅購入をすることが、後悔しないマイホーム購入のポイントと言えるでしょう。

 

私たちアイユーエステート株式会社は、伊丹市を中心に中古戸建てや中古マンションを取り扱っております。

 

物件に関するご質問や物件のご購入に関するご相談などは、当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|【川西市東畦野山手】住みやすさを観点別にご紹介!   記事一覧   なぜおすすめなのか 中古マンションのメリットや注意点は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約