アイユーエステートTOP > アイユーエステート株式会社のブログ記事一覧 > 不動産売却・住み替えで損をしないようにするには…?

不動産売却・住み替えで損をしないようにするには…?

≪ 前へ|売買契約のときに気を付けないといけないこと   記事一覧   転勤の可能性はあるけどマイホームが欲しい!住宅購入のコツは?|次へ ≫
不動産の売却はタイミングが重要とはよく聞きますが、では、そのタイミングっていつのこと?って思いますよね。
一番の理想は、売却のタイミングと購入のタイミングが重なることです。
何故なら、不動産を売却して得たお金を、そのまま購入資金に充てることができるからです。
そのため、目当ての物件があったとしても、売却が決まるまでは待っておいたほうがお得にはなります。
もし、不動産を売却する前の購入になってしまうと、自前で購入金額を全て用意しないといけないことになってしまいますので、非常に大きな負担となります。
更に、全額住宅ローンで賄うとなると、多額の利息を払わなければいけません。
こちらの面から見ても、あまりおすすめはできません。
不動産の住み替えを検討している方は、できるだけ売却時期と購入時期を近付けたほうが良いと言えるでしょう。

では、これ以降は、売却と購入のどちらかを先にしなければならない際の、メリットとデメリットを書いていきたいと思います。



売却が先の場合


先に不動産の売却を行う場合、お金を先に手に入れることができるので、購入資金の問題はありません。
しかし、新居が決まるまでの間をどこで暮らすかを考えておかなければなりません。

もし、不動産の売却をした段階で不動産会社に査定を依頼していない場合は、半年間程住める場所を探したほうが良いでしょう。
というのも、不動産の売却は査定依頼をしてから三ヶ月~半年程度のお時間がかかってしまうのです。

家族と同居できるのであればコストはかかりませんが、賃貸物件に住むとなれば敷金・礼金・家賃などの相当なお金がかかってきます。

そのため住み替えを希望する方は、不動産の購入と並行して売却を進めていくべきだと思います。

次の新居を先に購入する場合


先に不動産を購入する場合、購入資金を用意しないといけません。
住宅ローンを利用するとなれば、まずはローン審査に通らなければいけません。
定年後に住み替えを考えてる場合は、住宅ローンの審査に通らない可能性があることも視野に入れておかなければなりません。

また、早く不動産を売却して返済に充てなければ、毎月高額な利息を支払い続けなければいけません。

売却できる目処がある程度たっていない状態で不動産の購入をするのは、非常にリスクが高いので要注意です。

不動産の住み替えはタイミングが重要


このように、不動産の住み替えはタイミングが非常に重要になってきます。
入念に計画をたてておくようにした方が良いでしょう。

例えば、購入する新居を探すときには、購入費用に充てるための資金を先に計算しておかなければなりません。
そのため、事前に不動産業者に査定依頼をしておく必要があります。
査定依頼をするとあなたの家の価値がわかるので、それを把握しておきましょう。
また、購入したい物件を見つけれたときは、なるべく早めに今の物件の買い手を探して購入日までに売却をしなければなりません。

不動産の売買は非常に手間と時間がかかります。
売買の経験がない方が一人で行うのはなかなか困難でしょう。

できることであれば一つの不動産会社に、購入手続きも売却手続きも依頼することをおすすめします。

アイユーエステート株式会社でも、手続きのご相談、ご依頼の受付を行っております。
まずはお気軽にご相談だけでもどうぞ。

まとめ


今回はなかなか難しい不動産の売却タイミングについてのお話でした。
どれだけ計画をたてても、なかなかその通りにいくことはありません。
売れると思っていた物件が売れなかったり、逆に、買いたい物件が見つからなかったり。
そういった日常の不安やもやもやを少しでも減らすことのお手伝いができたらと思います。
まずはお気軽にご相談だけでも!

≪ 前へ|売買契約のときに気を付けないといけないこと   記事一覧   転勤の可能性はあるけどマイホームが欲しい!住宅購入のコツは?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約