アイユーエステートTOP > アイユーエステート株式会社のブログ記事一覧 > すまい給付金は、中古マンション購入でも対象になるの?条件は?

すまい給付金は、中古マンション購入でも対象になるの?条件は?

≪ 前へ|なぜおすすめなのか 中古マンションのメリットや注意点は?   記事一覧   建物条件とは?建物条件付きの土地の条件を外すにはどうするべきか|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウ

「すまい給付金」とは住宅購入時、収入に応じて消費税8%時で最大30万円、消費税10%時では最大50万円が給付されるうれしい制度。

 

国土交通省が、消費税の増税による負担を緩和するために定めたものです。

 

これから住宅を購入する人にぜひ知っておいて欲しい「すまい給付金」の情報の中でも、今回は主に中古マンション購入時に役立つトピックを中心にご紹介します。


すまい給付金のイメージ画像


 

中古マンション購入時に「すまい給付金」を受け取るための条件とは?


中古マンションの購入で「すまい給付金」を受けるためには、「売主が宅地建物取引業者であること」という条件をクリアすることが必要です。

 

前述の通り、「すまい給付金」は消費増税の負担軽減が目的ですから、売主が個人の場合、購入時に消費税がかからないため「すまい給付金」の趣旨に合いませんよね。

 

宅地建物取引業者が買い取りリフォームして売り出す中古マンションは、当然消費税がかかりますから「すまい給付金」の対象となるのです。

 

中古マンション購入時に「すまい給付金」と住宅ローンは併用できる?


「すまい給付金」は、もちろん住宅ローンとの併用も可能です。

 

中古マンション購入時に「すまい給付金」が受け取れる条件は以下の通り。

 

●消費税8%の場合は年収510万円以下、消費税10%の場合は年収775万円以下であること

 

新築同様、床面積が50㎡以上であること

 

既存住宅売買瑕疵保険への加入など、売買時に検査を受けていること

 

●自らが居住すること

 

また50歳以上なら現金で購入した場合も給付対象となりますが、消費税10%時の場合のみ収入額の目安が650万円以下という要件が追加されます。

 

中古マンション購入時にすまい給付金と住宅ローン控除は両方受けられる?


「すまい給付金」と「住宅ローン控除」、どちらも税金の負担を軽減するための制度です。

 

もちろん給付金と控除を重複して受けることは可能なので、この10月に消費税が増税されても中古マンション購入の負担を抑えることができそうですね。

 

ただし、それぞれ申請方法が異なるので、中古マンションを購入する前にはどちらも漏らさず受け取れるようきちんと確認しておきましょう。

 

まとめ


「すまい給付金」という制度について、簡単な概要をご理解いただけましたか?

 

中古マンションの購入時に給付されるお金や控除されるお金は、後で「しまった!忘れていた!」では後悔先に立たず…。

 

しかも最大30万円・50万円の給付となれば、見逃すわけにはいきません。

 

「すまい給付金」制度を活かして、理想の住まいをできるだけ上手にお得に手に入れたいですね!

 

私たちアイユーエステート株式会社では、川西市・伊丹市エリアの中古住宅を多数扱っております。

 

マイホームの購入を検討されている場合は、お気軽にご相談・お問い合わせください。

 

≪ 前へ|なぜおすすめなのか 中古マンションのメリットや注意点は?   記事一覧   建物条件とは?建物条件付きの土地の条件を外すにはどうするべきか|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約