アイユーエステートTOP > アイユーエステート株式会社のブログ記事一覧 > 建物条件とは?建物条件付きの土地の条件を外すにはどうするべきか

建物条件とは?建物条件付きの土地の条件を外すにはどうするべきか

≪ 前へ|すまい給付金は、中古マンション購入でも対象になるの?条件は?   記事一覧   売買契約を締結してから手付金はキャンセルできるのか|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウ

家づくりで建売住宅を購入せずに、注文住宅を希望する場合はまずは土地探しをしなければいけません。

 

その前に知っておきたいのが、建物条件付き土地の「建物条件とは何か」ということです。

 

そして、その条件を外すには、何をすべきなのかも知っておきましょう。


建物条件付き土地の「建物条件」とは何かを知ろう


建築条件付き土地とは何か?


建物条件とは、土地の売り主が住宅を建てるときにどの住宅メーカーで家を建てるべきか決めていることを言います。

 

なぜ売主が住宅メーカーを指定するのかというと、理由として多いのが前もって住宅メーカーを指定することで売り主がマージンをもらえるということです。

 

つまり、建物条件を設ければ売り主は条件を付けずに土地を売るよりか多くの利益を得ることができるというわけです。

 

そのため、初めから希望のハウスメーカーがあり、売り主が指定しているものと合致しない場合は建物条件を外す以外方法はありません。

 

条件を外す方法は、後程紹介します。


建物条件付き土地とは何か


建物条件付き土地とは、土地を購入する時に売り主が指定している住宅メーカーと家を建てる契約を3ヶ月以内にすることを前提としているものを言います。

 

そのため、土地を購入したから安心というわけではなく、期限内に指定のハウスメーカーと契約する必要があり、希望の間取りなどが通らない可能性も高いです。

 

一方、建築条件なしとは、売り主が指定のハウスメーカーを決めていないのでハウスメーカー選びの制約はなく、建売住宅とは違って間取りも好きなように決めることができます。

 

注文住宅は費用が高くなるケースも多いですが、家づくりの自由度は格段に上がります。


建物条件付きはどのような方法で外すことができるのか


「気に入った土地があるけど、条件付きだから外したい」という時は希望のハウスメーカーや仲介業者に対応してもらいましょう。

 

土地の価格にさらにお金をプラスして売り主に交渉するのが、主な外す方法となります。

 

価格は安いものを提示してもまず、期待はできないでしょう。

 

だいたい、建て売り業者の場合は銀行の融資の関係もあって上乗せ価格としては最低でも500万円はかかるとみておくといいと思います。

 

また、できるだけ安い価格で交渉するのであれば、不動産の決算月となる3月末や9月末、土地が売れにくい7月から10月は交渉するのにおすすめです。


まとめ


今回は、家づくりをするときの最初のステップとなる土地について、建物条件や条件を外す方法として価格を上乗せすることについて紹介しました。

 

理想の家づくりをするためには、この知識は身に付けて損はないでしょう。

 

マイホームの購入を検討されている場合は、私たちアイユーエステート株式会社までお気軽にご相談・お問い合わせください。

≪ 前へ|すまい給付金は、中古マンション購入でも対象になるの?条件は?   記事一覧   売買契約を締結してから手付金はキャンセルできるのか|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約