アイユーエステートTOP > アイユーエステート株式会社のブログ記事一覧 > 仲介手数料が無料になる理由

仲介手数料が無料になる理由

≪ 前へ|不動産の購入   記事一覧   瑕疵担保責任が不要となる不動産の買取りで安心の取引を|次へ ≫
不動産売却を仲介で行う場合、購入と同様に仲介手数料がかかります。
この仲介手数料の負担が大きくて、これがネックとなり不動産売却を躊躇される方がいらっしゃいます。
しかし、不動産買取りという選択肢を選ぶと、その心配がなくなります。

意外と高い仲介手数料





不動産買取りをして選択して物件を売却する際、どうして仲介手数料を気にする必要がないのかと言いますと、実は買取りによる不動産売却は仲介手数料が無料となるからです。

通常の仲介による不動産売却の場合、仲介手数料がかかることは多くの方がご存知かと思います。
その仲介手数料の計算式は【売却価格×3%+消費税】(※売却価格が400万円以上の場合)となり、仮に売却価格が3000万円だったとすると、仲介手数料は103万6800円となります。
売却価格全体からすると、103万円という金額は少なく感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし103万円は、奥様が時給850円のバイトを1日5時間、月に20日間入って1年間働いた給料です。

そう考えるとはやり、仲介手数料って高いですよね。

不動産買取りで仲介手数料が無料になる理由







仲介手数料は、不動産会社にとっては大切な収入源の一つです。
それにも関わらず、不動産買取りにおいて仲介手数料が無料となる理由は、直接不動産会社が物件を買取る為、購入希望のお客様を探します。
そうすると、仲介の必要が無くなります。
先述の例のように、不動産物件は売却価格が高いほど仲介手数料も高くなり、売主様の負担も増大します。
しかし、不動産買取りは仲介を行わず仲介手数料が発生しないため、売主様のご負担を軽減することができます。
特に、急遽まとまった資金が必要になって不動産売却をしないといけない方の場合、素早く売却ができる上に仲介手数料の心配もないため、安心して不動産売却に臨めます。

また、買取りによる不動産でも、売買契約書に貼り付けるための印紙代や抵当権抹消登記代・売却利益(※)が出た場合に納めるべき譲渡所得税などが諸経費としてかかり、その総額も決して安くはありません。
※売却利益…売却した不動産物件の価格が、購入時の価格を上回ったときに生じる利益のこと。

印紙代や抵当権抹消登記代・譲渡所得税は国が定めている項目なので無料にすることはできませんが、不動産会社が唯一無料にできる項目が仲介手数料です!

お客様によってたくさんの事情がございます。
当社では、一人ひとりのお話を真摯にお聞きして、お客様の状況に沿った提案をさせていただきます♩
まずはお気軽にご相談だけでも!

≪ 前へ|不動産の購入   記事一覧   瑕疵担保責任が不要となる不動産の買取りで安心の取引を|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約